バナー

ねずみの生態を理解してねずみ退治を行なう

食料品が保管されている倉庫、あるいは食品を扱う店舗や一般の家庭では、食品を狙ってねずみが発生することがあります。

室内にねずみがいるだけで不衛生な環境になりますし、食品を食い荒らされることで、食中毒の原因になったり、糞尿で悪臭も発生するようになります。



また、ねずみが建物の中にいると、屋根裏を走り回ったり、電気のコードを齧って漏電させてしまうなど、様々な被害が現れるようになってしまいます。



ねずみが巣を作って繁殖してしまうと更に被害が広がってしまうため、早めにねずみ退治を行なうことが大切です。

ネズミ退治を効率的に行なうのであれば、ホームセンターなどで売られている専用のねずみ駆除グッズを利用するのが良い方法です。しかし、こうした駆除グッズも、ねずみの生態などを良く把握して使用しなければ効果を上げることが出来ません。

金属製の捕獲器や粘着タイプの罠は、ねずみを捕獲するのに最適ですが、ねずみは警戒心が強いため、罠を仕掛けることによって環境に変化があると警戒心を強めてしまいます。

教えて!goo関する情報選びといえばこちらのサイトです。

そのため、罠を仕掛けるときにはなるべく物を移動させないなど、環境を変えてしまわないことが大切です。


ねずみ退治に使用できるグッズとして、殺鼠剤や忌避剤がありますが、食べ物が露出している状態になると、ねずみはそちらに気を惹かれてしまい、殺鼠剤や忌避剤の効果が薄れてしまいます。

そのため、ねずみ退治の成功率を上げるのであれば餌となる食品を隠しておくなどの工夫も必要になります。